働くべき筋肉のリハビリ法 と 発声の仕方はちがう

それは、欠点となっている弱い筋肉のリハビリが目的であって、
発声の仕方ではないことをしっかり理解しておくことが必要

それを発声の仕方と自覚してしまうと、
「きめられたやり方」にはまって行くことになる
たとえば高音に欠点がある場合に、発声のポイント(支え)を変えると

上手く行く場合があるが、それも部分的なリハビリの効果が表れたに過ぎず
それを本人が「高音の発声の仕方」と理解してしまうと、
高音においてはいつもそのやり方をするようになる。

このような思い込みによって順次やり方をきめて行くと、
次第に発声の自発性が失われ、やがては発声器官のすべてが人為的操作で

なければ働かない・・そういう癖がついてしまう。そういう歌からは
もう発声の技術しか聞えてこなくなる。参加している不要な筋肉はどの筋肉か、

必要な筋肉のいずれが未熟かを、その声から察知できるかどうかが先決問題
このことに関しては指導者の耳にかかってくると言わねばならないが、
そのような優れた耳を持つ指導者がそこにもここにも居るわけではない。

しかしながら、ごく普通の指導者と、ごく普通の生徒において、どこまでの
ことが為し得るか・・それがテーマ。お互いに自分の不完全さを知ることに
よって、良い方向へと進んで行けることは多いに有り得ると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>