演じないこと  

演じないこと  演技や声、これは使わざるをえない。
しかし使うと、使ったと思われる、そうみえてしまう。
だから忘れること。
これを体に入れるという。頭から追い出しても、体が覚えている。それを信じる。

人生で演じる まず映画や舞台に人生があるのでなく、
人生は人生としてあり、 その一部が舞台なのだということを前提にする。
つまり、役者の感性を日常にもつこと、それがかなえば、日常的に舞台をやれる

日常と演技との壁・距離をなくすには

日頃から身体ですぐ反応するように身体に教える

頭を使ってやるほど壁は厚く遠くなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>