発声を一からやり直すことは十分可能

歌うことを専門に習う際には、まず自分たちの喉はこのような状態にある・・・
ということを認識した上で始めなければならない。
もし、正しく(本能に即して)発声器官を育成してやることができれば、
幼児は言葉を一人前に話せるようになるよりも早く、
天性の歌声を完成させ得るはず。
(変声期があるので、その際にはもう一度立て直さなければならないが)
もっとも、このような育児をしている家庭は、
今のところはほとんどないでしょうから、
発声器官の真理が実証されたわけにはならないが。
しかし、将来育児法の常識が一変する時代が来るかもしれない。
人類共通の発声の根本原理、
すなわちあらゆる音楽、あらゆる詩や文学以前の、

人間の歌声の本能が解明されている。

逆に言えば、すべての歌ジャンルの発声法は、
発声器官の本能の上に構築し直されるべき。

また、発声の真理への目覚めは、伝統の継承を壊すものではない。
文化的な価値、風習、規範などとは異質な、
身体の本能的な機能への目覚め。

身体の自然と伝統美は共存していけるし、そ
れは現代の人類が過去の反省を込めた課題でもある。
何らかの発声法が未だ完全には固まっていない時期ゆえ、
幼児は言葉を一人前に話せるようになるよりも早く、
天性の歌声を完成させ得るはず。
(変声期があるので、その際にはもう一度立て直さなければならないが)

もっとも、このような育児をしている家庭は、今のところはほとんどないでしょうから、
発声器官の真理が実証されたわけにはならないが。
しかし、将来育児法の常識が一変する時代が来るかもしれない。
人類共通の発声の根本原理、
すなわちあらゆる音楽、あらゆる詩や文学以前の、

人間の歌声の本能が解明されている。

逆に言えば、すべての歌ジャンルの発声法は、
発声器官の本能の上に構築し直されるべき。

また、発声の真理への目覚めは、伝統の継承を壊すものではない。
文化的な価値、風習、規範などとは異質な、
身体の本能的な機能への目覚め。

身体の自然と伝統美は共存していけるし、
それは現代の人類が過去の反省を込めた課題でもある。
 

発声を一からやり直すことは十分可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>