身体と心の動きを良くする!

 【喉を開けとは】      
表現の自由さを得ること
喉を締めると動きが遅くなる そこで忙しくなる

喉をゆるめるとすばやく動けること
【説得力を出せとは】 
体と心を一致させること  伝わるもの、せめぎ合い

これは声のミスではなくて、イメージのミス。
それでは何も起きない。

自分の中のイメージをきちんと持つということ、
もう一つは自分の頭が邪魔しないということ。

頭はよく働く、でも考えている余裕はない
自分の体とか心のところで動いてきたものを、そこに一致させていく

そこで自分の体や心が動いてこないとしたら、
それをレッスン、トレーニングだけではなく、

そういう状態を自分の中で読み込んでいかなくてはいけない
これが非常に難しい

【歌い込みとは】
行き先との今とのギャップを埋めること

出口のない迷路の中に入ってしまったら、
声も歌も何もならない
悪循環から抜け出れなくなる

出口さえあれば、
それに向かって繰り返してオンしていくことはそれほど難しいことではない 

【基礎が大事とは】 
そのことより、1つ前のことの完成度をあげること

そのことができないのは1つ前ができていない
1つ前ができると その次もできている
そうやって課題をあげていかない限り、何年経っても変わっていかない

何ができてないかを明らかにする
世界で一流のことをやっていた人は共通したものを持っている。

一声出しただけでも、そこで聞こえてくる基本とかベースは、
紛れもなくあるということ。それに対して、何をそんなに迷うのだろうか?

迷うのは教室に行った為の迷い、習ったが為の迷い 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>