「イメージ」というのは単なるイメージの問題ではない

そのようにイメージしたときに額のあたりはどのような緊張感があるか、
頭の皮膚はどのような緊張感を持つか、
下腹はどうかなどイメージが呼び起こす体の筋肉の反応を確かめる
イメージを変えると筋肉の反応がどう変わるか、

だんだん色々なことがわかってくる。
例えば「頭の上に抜けていくような声を出してごらん」と言われたとき。
そのときの反応はどうでしょうか?
頭の皮膚をマッサージするときのように指を頭に置いて
そのときの感覚を味わってみる。もしはっきりしなかったら
イメージの持ち方をさらに思い切って強く持ってみれば必ず何か感じるはず。
筋肉の使い方とイメージを関連づけるトレーニングは
いつでもどこでも声を出さずにできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>