私は誰か、何者か?

里山センター
里山センター

私とは体、脳、心だ! と置き換えられない

私の体、私の考え、私の気持ちと

それらを所有している私がいる ように思える


その私は誰なのだろうか?

時に 幸せに成りますように!
誰かに委ねている
誰に委ねているのだろうか?

今の様々な自分に係わる問題を
自分だけの責任にするのは認めがたい
誰か何らかのせいにした方が楽になる  

だから今をそのまま受け入れられない

だが すべて自分のせいだと認めた時に
自分を変えられるスタートになる

すべて自分のせいとは、
受け入れるとは、

私とは、『在り様』(宇宙)そのものだ!
と気付くこと

(自己責任の追及ではない、 無知に近いもの)
気付き難いのは 認めがたい教育を受けた事からだけだ

在り様とは、無いでもない、有るでもない
何も無いなかに、すべてを含んでいる

矛盾の両立があればこそ、 変化させより発展し味わえる存在である

生と死、自分と他者、理想と現実、あればこそ、 ドラマになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>