Category Archives: ブログ

知識は練習の役に立つか?

体感というレーダーの性能を高めるには、
実際にどのような訓練をすればよいのか。
昔から言われることは「師の芸を盗む」、
つまり指導者の舞い方、歌い方を真似る中で、指導者の筋肉の使い方を悟り、
それを自分のものにして行く・・・という方法。

もちろん指導者だけではなく、優れた人の芸からも学び取る・・・
こういうのが従来の方法。
舞の場合には、体内の筋肉の動きは姿形となって表れるので、
指導者や優れた人の舞の外見を真似ることによって、
次第に体内の筋肉の使い方を悟って行くことができる。

この方法を発声に置き換えると、
指導者や優れた人の声を真似る(声帯模写ではありません)ことによって、
次第に発声器官の筋肉の使い方を悟って行く・・・という方法になる。
この方法が今も昔も体感覚の訓練法の基本であることに変わりはない。

ただ、方法は理解できても、実行することは容易なことではない。
いわゆる「勘のいい人」はどんどん盗んで行けるようになるが、
多くの人は「何を盗すむべきか」が分らない。
その結果、盗まなくてもよいものを盗み、肝心なものは盗めない・・という
ことになって上達が遅れる。

もし、盗むべきものが分っていたら、こういう失敗をせず、
「勘のいい人」と同じように進んで行ける。

心が声に表れる発声器官のプロセスは!

人間が作れるものではなく本能的なもの。

すなわち発声器官の自然な営みだけが心と声を連結させ得る。

人為的な発声法が
心と離れたものであるのは当然のことであり、

技術的な歌声は、
上達すればするほど心から遠ざかってしまう。

歌うことにおいて心の表現が難しいと感じるのは、
人為的発声法に従っているせいのため。

そこで、改めて声と心を繋ぎ合わせる・・・
訓練をしなければならなくなる。

「心が表れているが如き響きを作る」という更に
難しい技術によって達成しようとする。

このことは非常に巧みに為されると、
歌声が本当に心から生じているように聴こえるので、

そこまで行けば同じことなのかも知れないが、

心を声に表すという、もっとも原始的なことを実現する為に、
こんな遠回りをしなければならない発声法はおかしい

人に学ぶ意味

独りよがりでやっていけばよくて、人や他人に学ぶ意味はあるのか?
「すべてが正しくなりうる」というのであって、まだ決して、
「すでに正しい」わけではない。
「あなたが絶対に正しく、あなたの全てが正解になる」ため
「あなたがあなたを認められる」ために、
あなたは、いつか他の人の力が本当に必要になると思うでしょう。

そこで、
必要となる人と出会っていくのです。そこまでにもいろんな人に学んでもかまいません。
どんなトレーナーでも、
あなたがしっかりと学べば次がみえてくるし、次にまたどう出会うのかもみえてきます。
すると、あなたに必要な人に出会っていくのです。
うまく出会えないとしたら、あなたがまだあなたをきちんと学べていないからです。
どこで何をやろうと、どのトレーナーでどんなやり方でやろうと、
あなたの力があれば、あなたの力がついていけば、「あなたの正解」に至るのです。

これは、
「発声やヴォイトレとは、目的地が同じでプロセスが違うだけという山の頂上への登り方のようなものだ」
とよく例えられています。
声楽や合唱で皆と声を合わせるのなら、その通りでよいのかもしれませんが?

その人の山の頂上なのですから、それらは表現、歌、演技で表現されたところに伴う声なのです。

はじめまして

発声の取得には、時間の掛るものです。
少しでも独りでの試行錯誤の期間を短くなるように、
お役に立ちたいと思います。
習う側も、教える側も、目先の修正ですぐに上手く歌えるような
やりとりでは、両者とも、喜びは薄いでしょう。

習う側の上達したという実感
教える側も、言った事が正しかったのだという実感
ともに喜べる実感を得たいものです。 

そうではない・・こうだ・・の やって見せるのは大事だが
すぐに分かるものでもないと思う。 

従来から言われてきた、腹式呼吸、それに伴う腹筋・背筋の強化など
今では、随分誤解があるようです。
正しくお伝えしたいと思います。

急ぐと、お互いに才能論に屈服してしまう、
遠くに目標をおいてこそ
深部筋(今は腹筋より大腰筋など)は目覚める、
深部筋はアウターほど器用でなく、晩生(おくて)なのです。

※ボイトレに関する事柄は・・ 呼吸・姿勢など・・
文章による説明では、どうしても誤解され易いものです
(いろんな先入観や習慣がある為に)。
直接お会いして目の前で確認するのが一番です。
面談で内容を御案内します。
 
お気軽にお越し下さい。