考えると息が動かない 

意識してしまうと体は使えなくなる。
体の使い方というのは、
日常的に、あるいはトレーニングの前後に、体が一番楽に使えるような状態をとっておくこと。

それが歌で壊れてきたり、張ってきたり、そういうことが起きてくる。
すると1曲終わった後に、それをほぐしたりしながら背伸びし、膝を屈伸しながら、
そういうふうに息が入りやすい体にしてやる。

実際に歌っている中で、次に息を吸わなければいけないからとかいうことで頑張ろうとして、
どこかくずれてしまう。
何か変なことをしているというふうにしか見えない。
その体を持つしかないところへ、長期的な努力目標として、少しずつやっていくこと。

お腹の周りは横隔膜で動く。
けれど、横隔膜の動きで、逆に肩が張ったり固くならないようにすること。

歌というのは、切れがよくて気持ちよくて、心地いいような部分がある。
それは中途半端なところの呼吸や体では対応できない。
歌本位に考えてしまうと、全部体を投げ出すしかなくなってしまう。
体をきちんとつけて歌おうとすると、今度はリズムや切れが悪くなる。
常にその矛盾の中でどちらもやる。それで間を詰める。
それから、体も大きくなってくれば、自分もいろいろなことができるようになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>