考え方のくせ(考える方向がすでに動いている)

多くの場合は、考え方のくせで、
体や感覚も歪み、発声のくせがとれない。
いくら、発声のところで指摘されても、
考え方のくせの方は変わらない、曖昧なイメージなのです。
これまでずっとそれで通じさせてきた人ほど、
変えるのは難しい。

進歩のための変化を妨げる一番の要因は、
元に、落ち着くところに戻そうとするその頭なのです。
違和感を肯定するのは難しいことです。

音程のとりやすい歌い方などから入ると、

なかなかよい発声にならない。

考え方のくせを知り、
このくせは、ほぼパターン化している

学校教育の弊害が強く現れているように思われる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>