ごあいさつ

 

 パトス・ヴォイストレーニング へ ようこそ!

『歌うとは、どういうことでしょう!?

玄関先
玄関先です

「歌うという事(イメージ)」を知らずに、歌っている歌は
「漢字を覚える事」と、書道での「書く技術を覚える事」
は違うように
「音程と歌詞」は知っているが 、「歌うという事」を知らない為、
歌う事はいつも初心者(なので万年素人になる)

歌うたびに自分勝手に、闇雲だから緊張したり、上がったり大変、

記憶された音程を取り出して、それに一生懸命に沿っている為
  (カラオケ・モニーターと二人ボッチ)
自分が何をしているのか、分からないまま振り回されている
  (歌の知識だけで、体の感覚を知らない、体に気付けない)

 

『上手い歌って、どういう歌でしょう!?

好き勝手に自己流で歌うと嫌煙される
演奏が乱れたら聴く気しなくなりますね
聞き手から見離されれば、独り善がり・空回り状態に!

上手い歌とは、聞き手が喜べる歌
芸術は、人々を幸せにするためにあるという。
上手く歌うと、喜ばれ求められる、それに応える集中・緊張感!
(ともに、ワクワク・ドキドキさせられるのです)
「上手さ」は認めさす事ではなく、認め合えるか!楽しめ合えるか!ですね


上手く成りたい』って、どんな練習していますか!?

『個々の作品』のイメージと切り離した
『歌う』という事のイメージを
育てることができていないのでは?

ただ一生懸命、
心を籠めればいいとうイメージしかない
これでは妖怪を相手に対処しているようなもの
自分の中に
歌い手としての相手(正体)に対処していない!

声の正体を掴んでいますか?
(楽な息で声が出ている爽快感がありますか?)

逆にどこまでも
『詩の主人公のつもりの世界』で終わってしまう
なんら 自ら客観的評価のできない
聞き手からも評価させない(言いようがない!)
これでは
より良く成長することはできないでしょう!

 

以上共通して間違えると楽しい歌を歌っているのに
『歌う自分・本人がどこにも居なくなってしまう!

 

発声の取得には、時間の掛るものです。
CIMG1471
裏側に駐車場があります
少しでも独りでの試行錯誤の期間を短くなるように、
お役に立ちたいと思います。
 
習う側も、教える側も、目先の修正ですぐに上手く歌えるような
やりとりでは、両者とも、喜びは薄いでしょう。
習う側の上達したという実感
教える側も、言った事が正しかったのだという実感
ともに喜べる実感を得たいものです。 
そうではない・・こうだ・・の やって見せるのは大事だが
すぐに分かるものでもないと思う。 
従来から言われてきた、腹式呼吸、それに伴う腹筋・背筋の強化など
今では、随分誤解があるようです。
正しくお伝えしたいと思います。
急ぐと、お互いに才能論に屈服してしまう、
遠くに目標をおいてこそ
深部筋(今は腹筋より大腰筋など)は目覚める、
深部筋はアウターほど器用でなく、晩生(おくて)なのです。
1996年教室開設以来
パトス・ボイトレでは  発声学と身体学とをスピリチュアルに融合し、
 『発声身体力学』を提唱!

『発声が変わると歌は見違える!』
音痴解消から、歌える別人へ
万年素人から、憧れる達人へ
多くの出会った生徒さんから確信を得ました。

ある曲を どう歌うかの歌い方 を習うカラオケ教室とは違い
本格的声楽家にまで成らなくても
歌える人(身体)に成る 正しい知識とトレーニングをし、

そして今より もっともっと、歌う楽しさが味わえる人に成る 事を目指す

ヴォイストレーニングです

声を学んでみたい人にお役立てれば幸いです。
是非 やや辛口ですが参考にして下さい。
J‐POP、演歌・その他 喉を傷め易い人に  必ずお役に立つと思います。

※ボイトレに関する事柄は・・ 呼吸・姿勢など・・
文章による説明では、どうしても誤解され易いものです
(いろんな先入観や習慣がある為に)。
直接お会いして目の前で確認するのが一番です。
面談で内容を御案内します。
 

お気軽にお越し下さい。